医院作り トップページ > 医院作り
ご相談ください
事前相談

何より重要なことは、先生やスタッフの方が力を発揮できる環境であり、
患者様がストレスの無い、落ち着ける空間作りをする事が肝要です。

医院設計

Doctor's office design
外観

医院の顔とも言える外観。ポイントは患者様に好印象を与える事。配色やデザインを十分検討し入りやすいイメージをもって頂けるようにしましょう。建築の場合は設計業者さんより設計例や施工例を見せてもらい、参考にしながらのデザイン作りが可能です。テナントの場合は手をつけられる範囲が制限されますから、管理会社や不動産業者さんに確認のうえで内装業者、看板業者さんと検討しましょう。バリアフリーは建築の場合は必須です。テナントの場合も出来るだけ導入しましょう。

医院内

まず、考えやすくするために、エリア区分をします。

エリアマップ

1.受付、待合、カウンセリングエリア ここをクリックして説明文を開く

1.受付、待合、カウンセリングエリア 閉じる

受付

患者様との最初のコンタクトスペース、医院全体をコントロールする主要部です。まず、出来るだけ、受付を
する際に患者様と同じ目線になれるような工夫をしましょう。(土足の待合室なら受付部分も床上げをしない。
受付が高くなる場合はイスを使うなど)
カウンターにも配慮を、高さ100cm位が適当で受付の中を覗けないよう幅も必要です。また、手荷物を置く
棚や問診表を記入いただくスペース、物品陳列コーナーの確保、そして、受付事務に必要なコンピューター、
プリンター、FAX、電話、レジ、カルテ棚各種ストックの収納部の確保を作業効率も考えながら決めていきま
しょう。

待合室

待合室の一番の目的は、患者様がリラックスして待機できる空間であることです。診療室の音が聞こえにく
くする配慮、患者様同士の目線があまりあわないように、座り易いイス、その数や配置、玄関からはっきりと
患者様の顔が見えないような工夫も必要ですし、付き添いの方への配慮、幼児のプレイルームの設置等も
検討しましょう。

カウンセリングルーム

大切なコミュニケーションスペースですが、さほど広さは必要ないと思われます。
説明や話しやすい距離がポイントになります。対面型と準対面型があり、最近では説明しやすくスペースも
少なくて済む、準対面型が多い傾向にあります。

カウンセリングルーム

2.診療、治療、口腔ケアエリア ここをクリックして説明文を開く

2.診療、治療、口腔ケアエリア 閉じる

診療・治療・口腔ケアエリア

まず、ユニットを何台からはじめるか、将来的に何台にするかということを考えなければいけません。仮に最初
は2台でスタートするにしても、将来に追加するユニットの配置を想定して、配管工事だけは済ませておくべき
でしょう。

ユニット1台のスペースとして2m×2.5m前後は必要だと思われます。器材を収納するキャビネットを設置す
るのか、移動型にするのか、パソコンを使うならキーボードやマウスを使う為のテーブルなども必要になります。
術者の作業スペースの確保はもちろんアシスタントの作業スペースも必要な広さは確保しましょう。

キャビネット

3.機械室、ストックルーム ここをクリックして説明文を開く

3.機械室、ストックルーム 閉じる

機械室

コンプレッサー、バキュームモーター、セパレーター(分離機)を置くスペースです。設置できるスペースがあれ
ばいいですが、メンテナンスのしやすい配置がしてあり換気ができる場所に設置すると機械の寿命をのばす
ことにつながります。

ストックルーム

各種の在庫を収納するスペースです。年数が経てばどんどん収納するものが増えます。ゆとりのあるスペースがとれて、 整理して収納できるように最初から棚をつけておければ有意義なスペースになります。

4.レントゲン室 ここをクリックして説明文を開く

4.レントゲン室 閉じる

レントゲン室

パノラマX線装置、デンタルX線装置を設置するスペースとして、最低でも1.8mX2.5m 高さ2.2m程が
必要です。また、CT撮影装置の場合はもう少し大きな広さが必要です。 将来的にCTの導入をお考えの場合はそのスペースをとっておかれることをお勧めします。

5.技工、消毒エリア ここをクリックして説明文を開く

5.技工、消毒エリア 閉じる

技工室

まず、院内で行う技工作業と外注の区分をおおよそ決定し導入する器材の置き場所やシンクの位置など
を決めましょう。

消毒エリア

消毒、滅菌についてはまず、医院としてどのようなシステムで行うかを決めたうえで導入予定の器材の
スペース、作業スペースを確保しましょう。
感染防止については今後ますます重要視されます、ゆとりのあるスペースにされておくことをお勧めします。

6.院長、スタッフルーム ここをクリックして説明文を開く

6.院長、スタッフルーム 閉じる

院長室

休憩、リラックスできる場所として、事務作業のスペースとしても必要です、狭くても出来るだけ確保しましょう。

スタッフルーム

スタッフが食事、休憩、着替えをする場所だけではなく、ミーティング、コミュニケションの場所として必ず確保
してあげましょう。テーブルはもちろん、冷蔵庫、流し台、ロッカー なども必要になります。

良いスタッフは医院の財産です。最終的には人と人のつながりです。

基本的には、衛生士、受付、アシスタントの方の募集をすることになると思います。
開業時は受付、助手のみでの開業でも仕方ないかも知れませんが、出来る限り衛生士の方も採用しましょう。
また、技工士の方の採用の可能性もあると思います。事務長というポストで職員の方を採用をされる医院様も
あります。

募集計画

この時期には診療時間、休日等は決定しておいてください。そのうえで募集内容を検討し決定してください。

1.職種 2.人員数 3.雇用形態 4.就業時期 5.就業時間 6.休日 7.賃金形態 8.給与(体系)

院長が知るべき人事や労務に関する知識は、税理士の先生が詳しく具体的に教えてくれます。
  ① 採用、勤務について
  ② 賃金、評価、表彰について
  ③ 福利厚生(休職、育成)について
  ④ 労務安全、衛生管理について  など

募集手段

様々な方法がありますが、地域的、時期的、内容的に違いが出てきます。 広告のプロ、メーカー、ディーラーさん、税理士の先生に相談されるべきでしょう。

  1.ハローワーク(職業安定所)
  2.新聞広告、求人雑誌
  3.インターネット広告
  4.折込チラシ
  5.人材派遣会社
  6.学校への求人依頼
  6.スカウト(前の職場)、紹介

面接時のチェックポイント
 
面接時のチェックポイント
採用のポイント

先生が求める人材であることがもちろんですが、必ずお一人は経験者を採用されるべきでしょう。 開業当初から
未経験者ばかりでは先生の負担が大きすぎます。

また、スタッフの中心になってくれるような方を採用の軸に他の方の採用を決められるほうがいいでしょう。 もし
該当する方がいなければ、将来的にはそうなってくれそうな方を採用しましょう。 先のことはわからないかも知れませんが、 長く勤めてくれるように育成することも経営者としての先生の仕事です。

医院づくりは人づくりをする事でもあるのです。

医療機器・材料

Medical equipment / dentistry materials

新田歯科器材では歯科医院運営に必要な商品は全て取り扱っております。
品質の良い商品を安価でスピーディにご提供いたします。

お問い合わせ
歯科開業講座
総合窓口電話
総合窓口
ふるもと会計事務所
ピンスポットなご相談は、各企業にお気軽にお問い合わせください。
ふるもと会計事務所 新田歯科器材 イエス!フロンティア
メールでのお問い合わせはこちらから
お問い合わせ
↑上へ戻る↑
運営会社
協賛企業
お役立ち情報
書籍紹介